お客様の声

HOME | お客様の声

不可視の領域に寄り添う(教育コンサル 30代)

私たちは、学校の入学試験や会社の採用面接で、つねに「私は何者であるか」を語ることを求められます。 そこには、私たちは言語によって私という存在を把握することができるはずだという前提があります。

しかし、どんなに言葉を尽くして私が「私」を語ったとしても、私という存在は私自身にとってもなお、謎多き存在ではないでしょうか。 私が私の意志によって私の心臓を動かすことができないように、私という存在の多くの部分は、私の意識によってはコントロールすることのできないものによって成立しています。私という存在には、私の意識には手が届かない領域というものがあるのです。

嶋原さんのヒーリングは、この「私にとっても不可視である『私』の領域」に寄り添うものであるといえます。 それは、私個人の意識的な努力によっては決して取り組むことのできない「私」の領域に治癒をもたらすものです。

嶋原さんとの長年にわたるセッションによって、私は、そうした不可視の領域もまた、私にとってとても重要なものであるということを理解することができました。私の意識によってはコントロールすることのできないものの存在を認め、それに身を委ねること。 ボディー、マインド、スピリット、シャドーといった、私を構成する様々な要素の調和をはかること。 このセッションには、そうした統合を可能にする力があります。

あなたの人生にブレーキをかけてしまっているものを外し、よりエネルギーに満ちた毎日を送りたいと望むのであれば、セッションを受けてみることをお勧めします。

イメージ写真
その時に必要なワークを提供(会社代表 50代)

大事な節目で自分を整えたい時に嶋原さんにお世話になっています。 施術のおすすめポイントは、 潜在意識の深い自分では対処できないことに対して、心と体の両面から調整をしてくれるところです。 様々な手法に卓越していて、その時々で必要なワークを提供してくれます。

例えば、喉のつまりを感じていて、声がスムーズに流れるようになりたいと伝えると、その詰まりの元となっているトラウマに焦点を当てて取り除くことをサポートしてくれます。 自分の意思で取るかどうかは選択させてくれるところも自主性の育成につながり、気に入っています。

自分が受け入れがたい事柄が出てきた場合でも言葉による後押しや励ましのおかげで、スムーズに短い時間で解消されました。

施術後は心も体も軽くなり、活力に溢れてきます。本質的なところを見極め自分にとって本当に必要なものを提供してくれる施術です。

イメージ写真
太陽の手に包まれる温かなパワーとキャリアの導き(企業顧問・大学教員 還暦)

関西から15年以上にわたり、もう何回も嶋原先生のセッションを受けに来ています。

自分のキャリアの岐路を迎えた時、心や体に枯渇を覚えパワーの充填が欲しくなった時、後から振り返るととても大切な支えをいただいてきたことを実感します。セッションを受けるたびに自身の気づきを得て温かなパワーがみなぎります。新たな姿勢でもう一度頑張ってみようと思えるのです。

ティール型組織開発の基盤理論として一躍有名になったILP(インテグラル・ライフ・プラクティクス)ですが、嶋原先生のヒーリングセッションと融合するとき、育てられるのはキャリアや課題解決のみならず「人生」そのものなのだと思います。

イメージ写真
幼少期からのトラウマを解消(教員 50代)

嶋原氏のヒーリングを受けると、受けた直後から心身ともに軽く調子良くなる。夢見も良くなるので1、2ヶ月に一度程度受けるようにしている。
 
一番驚いたのは、幼少時から抱えていたトラウマを無理なく解消できたことだ。嶋原氏の施術後に自然とトラウマを自覚し、それに向き合い解消することができた。その結果、「成長し結果を出さないと…」という強迫観念が消えたので幸福度が増大し、ゆったりと人生を楽しめるようになった。

腰や腹部の不調も徐々に消え、対人関係や仕事でも、自分らしさを発揮できている。成長を追い求めなくなったことが、結果的には自分の成長につながっているようだ。